現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
山田店長
店長の山田郁夫です。
地元産の人参芋による芋焼酎『瓊の宮(にいのみや)』おすすめです。

店長日記

●そばの会と私

 私と会との関係は、H16年3月に取引先のそば屋青年部の提案から地元とで取れたそばで地元で消費出来ないか?そんな発想から始まりました。
そして会を指揮してくれる会長遠藤昌志さん(現会長:味源会長)にお願いしH16.7月ボランティア団体としてスタート。
私は畑の手配を頼まれ、まずは私所有(自宅前300坪)の休農地と取引先所有の朝霧高原の休農地(1000坪)この2箇所から始まりました。
初年度は、100kg位収穫、昨年は、会員.農地も増えて全体で500kg近く取れました。
そば焼酎は、今から2年前H19年秋の収穫が終わった時に会の方達が朝霧そばがいつでも食べたり、飲んだりして楽しみたい、そんな要望からできた焼酎です。
耕作
種まき
蕎麦蒔きから2週間目
台風の後午前6:00(危機一髪)
蕎麦蒔きから30日目
蕎麦蒔きから30日目
そばの会の方々と刈り入れ開始
刈り取り後の畑
昨年より馬掛け1本分(約20m)多いので、多分収穫高は玄蕎麦で100kgぐらいかな(^_^)